MENU
皆様の笑顔と安心したよの一声が、一番うれしい行政書士です

からいし行政書士事務所の行政書士 唐石俊之です。

当事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当事務所では、

  1. 相続・遺言の手続き
  2. 難病の特定医療費受給者証、障害者手帳の申請・更新手続き
  3. 食品衛生法の改正に基づくHACCP(ハサップ)の概要紹介、必要書類の作成と手続き

を主な業務としています。

相続・遺言

親の相続・遺言でお悩みの50代から60代の多忙な皆様へ

安心して、お仕事ができる時間とともに、「ゆとり」をお届けします。
手間のかかる手続きは、すべてお任せください。

つぎのご心配に「思い当たる」ものはありませんか?

  • 両親や家族の今後のことが気になっているが、仕事が忙しく、今後のことについて話し合う時間がない。
  • 家族のことは、夫や 妻に任せている。自分自身では、とても対応できない。
  • 認知症の親がいて、施設に通っていたり、施設に入居して、落ち着いてきたが、遺言を残してもらえるのかよくわからない。親の財産のことや相続が心配。
  • 相続手続きは、自分でやろうと思えばやれるが、今は、時間がなく、できそうもない。

一つでも思い当たったら、まず、ご相談ください。

申請に必要な書類作成やお手続きを 私が代行することにより、皆様には、安心して、お仕事ができる時間とともに、ご家族の思いに寄り添うことができるよう、「ゆとり」を感じていただきたいと強く思っています。
預金や不動産など財産の「物の相続」だけではなく、家族の想いに寄り添う「心の相続」、「絆の相続」をしていただきたいと思います。

難病や障がい者の医療費助成金

難病や障がいのある方へ そして ご家族の皆様へ

難病や障がいの医療費が安くなります。
手間のかかる手続きは すべてお任せください。

  • 難病や障がいの医療費の助成金をもらえることをご存知ですか?
  • 助成金をもらいたいけど、申請手続きに手間がかかって・・、面倒で・・ とお困りではないですか?
  • 受給者証や障害者手帳をもらったけれど、また、更新手続きが必要で・・、更新期間は短いし・・ と困ったことはありませんか?

手間のかかる面倒な手続きを すべて確実に代理・代行します。
また、行政書士には、病院の先生と同じように、守秘義務があります。(行政書士法12条)
安心してご相談ください。

なお 難病で助成金を受けられるのは、国が指定する指定難病と言われるものです。具体的には、潰瘍性大腸炎、パーキンソン病、全身性エリテマトーデス、クローン病、後縦靭帯骨化症、全身性強皮症、網膜色素変性症など があります。ご不明な点は、遠慮なく、お問い合わせください。

また 特定医療費受給者証や障害者手帳をもらうことで、各種の福祉サービスを受けられる場合があります。ただ、各自治体独自のサービスがあり、どのサービスを受けられるのかわかりにくいことがあります。ご不明な点は、お問い合わせください。

食品衛生法改正への対応

食品製造メーカー、飲食店、食品製造販売店、食堂、食品販売店の皆様へ

法律改正の準備ができ、食の安全がレベルアップします。
手間のかかる手続きは、すべてお任せください。

  • 法律は改正されるの?
  • 保育園を経営しています。私たちにも影響があるの?
  • いつから、どのような対応が必要?

このような疑問にお答えします。お気軽に、お問い合わせください。

2018年6月13日、新食品衛生法が公布されました。(施行は、2020年6月予定)ほとんどすべての食品関係者、たとえば小規模の飲食店、和菓子屋さん、ケーキ屋さんもその対象になります。改正では、世界標準のHACCP(ハサップ)という衛生管理の仕組みに沿って業務を行うことが義務付けられます。

具体的には、実際の業務に基づいた衛生管理の書類作成、日常の管理、記録、保管等です。そして、飲食店の営業を始めるときの新規申請や更新時には、これまでの申請書類だけでなく、HACCPの書類が必要となります。また、すでに営業をしている場合も、法律施行後、猶予期間(1年)はありますが、HACCPによる書類を作成し、衛生管理を始めなければなりません。

まず、新しい制度の概要をご説明し、食品衛生責任者の方とご相談します。そして、現状の方法をそのまま書類にし、その通りに実施し、結果を記録するところから始めることをご提案します。HACCPは、一過性の書類作成で終わりません。この仕組みを継続して改善してゆくことがポイントです。法律施行までの時間を使って、準備をして、実際にやってみることが大切です。どのように始めたらよいのか等のご相談に対応し、手間のかかる面倒な書類作成や手続きをすべて代理致します。
ご不明な点は、遠慮なく、お問い合わせください。

唐石当事務所では、直接、行政書士の唐石が対応させていただきます。
皆様の声をよくお聴きし、一緒になって適切な方法を考えます。

今後のことが不安に思われる皆様は、ぜひ お気軽に当事務所にご連絡ください。
まず、無料相談で、ご心配をお聞かせください。

皆様に「笑顔」と「安心」をお届けしたいと心より願っています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
メール

お問い合わせはこちら

042-814-6903

主な活動エリア

東京都

町田市、多摩市、稲城市、調布市、狛江市、八王子市、日野市、府中市、立川市、三鷹市、国立市、国分寺市、小平市、小金井市、武蔵野市、他 
23区内(目黒区、新宿区、渋谷区、港区、品川区、世田谷区、杉並区、大田区、他)

神奈川県

相模原市、座間市、大和市、海老名市、綾瀬市
横浜市(青葉区、緑区、旭区、瀬谷区、保土ヶ谷区、港北区、神奈川区 他)
川崎市(幸区、宮前区、高津区、麻生区、多摩区、中原区 川崎区)
鎌倉市 他

千葉県、埼玉県、静岡県、関東近県

TOP